自動車保険へは加入していますか?

みなさんはどのようなタイミングで車の保険を見直されているでしょうか。

車の保険は他の保険と異なりほどんどの保険が1年で満期を迎えます。言い換れば、毎年見直すチャンスがあるとも言えますよね。

でも、タイミングを間違えると適切な見直しができないことも実はあります。

保険を見直そうと考えている人に知っておいてほしい、車の保険の見直しと加入すべきタイミングについてお伝えします。

まず知っておきたいのは、車の保険を見直せるタイミングについてです。

自動車保険は1年ごとの契約になっていることがほとんどで、契約の途中で見直すことは基本的にできないと考えられています。

では、本当に自動車保険は満期を迎えないと別の保険に変更することはできないのでしょうか?

満期前でも見直しはできる

自動車保険のプランを見直したい場合、現在加入している保険を解約して新しい保険に新規で加入する手続きを行います。

このように自動車保険を契約期間の途中で解約し、新しい保険に入り直すことを途中更改と言います。

ですので、いま加入している自動車保険よりも魅力的な保険会社が見つかった場合には、そちらに切り替えることが可能となります。

見直すと等級アップが遅れて損をするケースも

自動車保険料を決める要因のうち、特に大きいのがノンフリート等級です。単に等級とも呼ばれていますが、これはわかりやすく言うと、「無事故で安全運転を続けるドライバーは保険料を安くしますよ」というのをランク分けしたものです。

等級は満期を迎えるごとに1つずつアップするのですが、保険を見直すと等級の進行が遅れたりすることがあります。

つまり、他の自動車保険へ切り替えて保険料が安くなっても、等級アップによる値下げの恩恵を受けられないことがあるのです。

契約の途中で他の自動車保険へ見直す場合には要注意です。

基本的には満期ごとに保険を見直すことが自動車保険のおすすめですが、契約途中のタイミングでも見直せるということは覚えておいて損はありません。

車の保険を見直すと保険料が安くなる理由とは?

自動車保険はどの会社を選ぶか、どの補償をセットするかによって保険料に大きな差が生まれます。しかし、多くの人が最初に選んだ自動車保険に加入し続けているのが実情です。

これはもったいないことだと認識しましょう。

では、なぜ自動車保険を見直すことで保険料を安くすることができるのでしょうか。

その理由は大きく分けて2つあります。

①保険会社ごとの保険料の差が大きい

自動車保険はどこの会社も同じように見えますが、実は保険料に価格差があります。

わかりやすい例でいえば、代理店型とダイレクト型が挙げられます。

代理店型とは車を購入しる店舗(保険代理店)で加入する自動車保険のことです。

知名度がある保険会社として、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜などがそれにあたり、保険料が割高なのが特色です。

また、ダイレクト型自動車保険とはインターネットを通じて加入するタイプの保険で、ソニー損保やイーデザイン損保などが有名ですね。

保険料は人件費を抑えていることもあり割安なのが特色です。

そして、同じ代理店型でも拠点数や補償プランに差があるため、どの自動車保険を選ぶかによって保険料に大きな差が生まれることがあるのです。

したがって、保険料を見直すタイミングは重要ですが、それ以上に「どの保険会社を選ぶか?」が最も重要だと言えるでしょう。

②無駄な補償がセットされている

最初に加入した自動車保険のプランが、3年後、5年後に必要な内容になっているとは限りません。ライフスタイルは変化しますし、家族構成が変わることもあるでしょう。

また、車を買い替えたことで車両保険が不要になることもあると思います。

特に気をつけたいのが、知らず知らずに加入していた無駄な特約類です。

特約はわずかな保険料で補償が上乗せできるメリットがありますが、見直してみると「こんな特約必要ないのでは?」というケースはよくあります。

自動車保険を見直すタイミングの際、必ず特約付帯に目を向け注視することを推奨します。

自動車保険おすすめ

Posted by まもる